sport banner

税金に関する問題

税理士は税務申告の専門家

税金は無理やり国(あるいは地方公共団体)から徴収される、大変嫌なものであると同時に難しいものです。 税金の仕組み、手続きについて詳しいという人はあまりいないかと思われます。そのため、何かよくわからないうちに国などにたくさん取り上げられてしまうお金というイメージがあるのではないでしょうか。 このようなときに大変頼りになるのが税理士です。 税理士という職業は大変メジャーな仕事と言えます。 税理士という職業を知らないという方はいないでしょう。 具体的には税務申告の代理をすることができる国家資格保持者です。 税務申告の代理は弁護士も権限上はできるものの、税金に詳しい 弁護士は極めて少数です。そのため、税務申告代理は実際には税理士 に相談することになります。

超高齢社会の中の税金

税理士はこれまでは会社などの法人の税務申告がメインでした。 しかし、超高齢社会の到来によって税理士の役割は変わってきています。 つまり、法人所得税などではなく個人の相続税の申告です。 かつて中学校や高校で高齢化社会という言葉を習った方は 多いと思います。しかし、今では高齢化社会などとは言いません。 学校の教科書には超高齢社会と書かれています。 つまり、高齢化ではなく、超高齢の社会が実際に到来している ということです。 そして、超高齢ということは避けて通れないのは相続税対策です。 相続税のために、銀行などから借金をしなければならないことも ありえます。 そのため、しっかりとした相続税対策が重要です。 相続税対策のための存在として税理士の役割は重要となって きています。