ビジネスを進めるためにはサービスを利用しよう

PICK UP

離婚を行う際に

離婚を行うときには、少なからず様々な問題が生じます。親権に関することや財産分与に関する問題など様々です。このような問題は当事者だけでなく、弁護士に依頼することで法律のもと行うことが出来ます。

会社の変更

非常にシンプルな設立形態

個人事業者がその事業を法人化しようとする事例は珍しくありませんが、ご存知の通り会社法人は設立形態によりいくつかの種類に分かれます。最もよく知られているのが株式会社で、他には合資会社、合名会社、有限会社があります。このうち有限会社については2006年の法律改正によって新規の設立が認められなくなりました。代わって新たに設けられた設立形態が、合同会社です。合同会社は社員の出資によって事業資金を調達するという点で合資・合名会社と似ています。しかし有限責任制であるという点でこの2つと異なり、むしろ株式会社に似ています。その一方で、設立手続きについては株式会社に比べて簡素化されています。そのため、シンプルで便利な事業形態であるとして最近では合同会社設立を希望する事業者が増えてきています。

株式会社と比べた場合のメリット

株式会社設立と比べた場合、合同会社設立は手続きに要する費用が割安であるというメリットもあります。株式会社にあっては設立時に作成する定款に対し公証人による認証が不可欠となっていますが、合同会社の場合は必要ありません。そのため、認証時に支払う手数料約5万円が不要となります(金額は2015年3月時点のもの。以下同じ)。また、登録免許税の額も株式会社を設立するなら15万円ですが、合同会社設立の場合は6万円です。さらに、設立後の事業運営のスタイルも株式会社に比べると高い自由度を持っています。株式会社の場合は意思決定権や利益の配当割合は原則として出資比率に応じて決められますが、合同会社の場合は自由に決めることができます。合同会社設立は、スピード感のある企業経営を可能にします。

税金に関する問題

税金は、しっかりとした知識がなくては、損をしてしまう可能性のあるものです。損をしないようにするためには、税金の専門家である税理士に依頼を行うことによって、税金を安くすることが出来ます。

取り決めを行う

離婚を行う際には、しっかりとした協議を行うことが重要になります。協議をしっかりと行うことによって、慰謝料や親権、養育費に関する問題をしっかとり決めることが出来るのです。